ちゃんとした記事を書きたい


f:id:tombo50:20210331032640j:image

 

「ちゃんとした記事を書きたい」

 

そう思ったのはたった今、2021年3月31日の0時42分。

(時と分を分けるためのコロンを入力する方法がわからなかったので、仕方なく漢字表記にした。)

 

深夜という時間帯は、どうしてこうも考え事が捗ってしまうのだろうか。

(ちなみに私は少なくとも7時間は寝ないと持たないタイプであるため、学校がある日は11時頃に就寝している。)

 

ブログ。自分の書いた記事を改めて読み返すと、胸のあたりがぞわぞわしてきて全身の皮膚が一枚めくれた様に感覚が過敏になる。

(脱皮したときはこんなふうに少し涼しくなるのかな、などと思う。話は逸れるが、この前初めてアニメというものを見た。最高、『けいおん!』。(トンちゃんの脱皮で思い出した))

 

本を読むのも好きではないし、言葉としてインプットする情報が少なすぎるのか、文章を書く能力が低い気がしてならない。

(唯一得意な現代文ですらこの程度。私の人生は一体どうなってしまうのだろうか?なにか一つでも縋りつけるものがあれば、なんとか立っていられるだろうに。)

 

それだけでなく、私には〚発想力〛も無いのだ。

(発想力に付いている括弧、可愛かったので使いたかった。こういう、線が二本になった英字(ℂ𝔸ℕ𝕄𝔸𝕂𝔼 𝕋𝕆𝕂𝕐𝕆←こんな感じ)で飾ったストーリーなどをInstagramに載せてみたいと先月位から思っているが、思ったよりタイミングがないため載せていない。)

 

(ちなみに私のInstagramには、つまんねえ自称ツイッタラーがするTweetのようなストーリーがたくさん載っていて、それらを戒めとしてまとめた「晒し首」というハイライトがある。)

 

思いついた大体の企画は何処かの人間が先に思いついているようなもので、残りの少しだけ面白い企画は、めんどくさがってゴロゴロしているうちに、もっと面白くしたような企画を、オモコロライターとかが、なんていうか、してしまう?企画をする?えー、企画を〜、企画を、してしまうのである。

(私も選手権したいなぁと思いついた企画は時々面白そうな物もあるが、友達がいないため記憶の底に押し込めている。)

 

エジソンの言葉に、

「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」

というものがあるらしいが、割合的には私も天才だと思う。

ただ、エジソンとかのは100がデケェ。


f:id:tombo50:20210331021443j:image

 

私はひらめきも努力も少ないからちっせぇ。

(ちょっと画像サイズミスってしまったため、画像ガビガビで残念。でもそんなこともある。こういうのを直さない所、WATASHI☆POINT。)

 

この小さな円グラフを見た誰かは、これが悪いこと、悲しむべきことだと思うかもしれない。

 

だが、私は生きていく上で出来るだけ「恐怖」「悲しみ」「努力」の道を通らずに進みたいと思っているため、この天才の形が私のstyleなのだ。

(そういえば、エジソンに付ける敬称は何だろう。エジソン「さん」?「Mr.」エジソン?どちらかといえばMr.だろうか。最近はVaundyにハマっているが、Vaundyには「さん」?それとも「Mr.」? "私のstyle"って言葉、ぱっと見Vaundyっぽくない?)

 

いつかはいらすとやさんに私の似顔絵イラストを描いてほしい。

 

 

 

 

 

ところで、この記事はちゃんとした記事なのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ちゃんとした記事を書きたい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20210331031448g:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20210331031508p:plain

 

f:id:tombo50:20210331031523p:plain

 

f:id:tombo50:20210331031543p:plain

 

 


(ちゃんとした記事を書きたい)

 

 

(完)

 

 

今日の夢

好きな先生と雑談しながら玉ねぎを切っていると、空に二匹の柴犬に見える雲が浮かんでいることに気付いた。

小柄な黒い柴犬と、ふわふわしたキャラメル色の柴犬だ。

私は急いで先生に教えた。

先生は「あなたそれチンすれば?」と言う。

私は「いいんですか!?」とスマホを取り出しカシャとカメラのシャッターを切った。

雲とは移り変わる芸術である。

わたしのスマホに写っていたのは、ガムテープのような服を着た西川貴教に見える雲だった。

You Tubeの怖い広告が怖い

ある夜の出来事。

 

私はやることが山積みの今日から逃げようと

ただひたすらYou Tubeに脳みそを浸していた。

 

最近の視聴履歴は気になっている映画についての紹介動画ばかり。

苦手なゴア描写へのハードルを下げようと、とにかくネタバレ有りのものばかり探してしまう。他にやることあるのに。

 

というか、映画鑑賞が趣味だと自称していたけど、本当は『映画紹介動画鑑賞』のほうが正しいのではないかと思っている。最近は本当に。そればかりしている。

 

あ〜、映画見たいな〜。でも勇気でないな〜。どうしよ〜。グロに強い友達呼ぶか〜。でも最近話してないし緊急事態宣言出てるしな〜。う〜ん。

 

とりとめのない独り言を言いながら次の動画を再生した。

 

 


f:id:tombo50:20210131211711j:image

 

 

♪〜

 

隣人の様子がおかしい… 

 

「あっ」

 

初めて見る広告

 

(これ多分怖いやつじゃん)

 

私はおばけが苦手だ。そんなものいないけど、いなくても苦手だ。いるならもっと苦手だ。

 

「どうして開けてくれないの?」

 

あ〜〜〜〜あ〜〜〜〜〜もうこれおばけ出るわどうする??伏せるか??

 

♪〜

 

いやまあでもだいぶ免疫ついてるはずだしまあ広告だし…

 

♪〜

 

(……………)

 

ザーン
f:id:tombo50:20210213111531j:image

 

ギャーーーーーーーーーーーーーーッス

 

 

これですよ

 

 

あ〜もう怒(おこ)

 

怒です怒。

 

こりゃダメよ。ダメ。

 

あ〜おばけ禁止法、作りやしょっ!

 

 

 

天才がすごい!!出身校は?卒アル写真がヤバイ!恋人はいるの?

f:id:tombo50:20201006001141p:image

 

f:id:tombo50:20201005200010p:image

 

 

 

素晴らしい作品や物を生み出したり、人間業とは思えない技術を持つことで有名な天才

 

この世界には、さまざまな分野にわたって沢山の天才が存在します。

 

今回はそんな天才の出身地や学歴恋人の有無などについて調べてみました!

 

f:id:tombo50:20201005201905p:image

 

天才のプロフィール

 

f:id:tombo50:20201006002110j:image

 

名前:轟 脆塀屋 / とどろき もろへいや(個人差有)

 

公称:天才

 

生年月日:〜2020年10月24日(2020年10月24日現在)

 

年齢:0才〜

 

血液型:A / B / O / AB

 

出身:大地(個人差有)

 

職業:多種多様

 

 

 

『天才』と呼ばれるのはとても凄いことですね!

 

 

学歴は?偏差値が80?

f:id:tombo50:20201009201825p:image

 

様々な分野で才能を発揮する天才ですが、一体偏差値はどのくらいなのでしょうか?

 

調べてみたところ、天才の偏差値はさまざまなようでした!

 

もしかしたらあなたの近くにも天才がいるかも知れませんね!

 

 

f:id:tombo50:20201024100105p:image

 

 

天才の恋人は?

 

f:id:tombo50:20201024101640j:image

 

 

天才恋人がいるかどうかは、個人差があるようです!

 

もしかすると、あなたにもチャンスがあるかもしれませんね!

 

天才も睡眠をとる!?

 

 

天才睡眠をとるようです!

 

 

天才になりたい!

 

f:id:tombo50:20201024102826j:image

 

いかがでしたか?

 

今回は天才についてまとめてみました。

 

天才にはさまざまな人がいるようですね!

 

私も天才になりたい!という方におすすめなのが

 

『ギガギガ天才MAXグッド』

 

という商品です!

 

 

 

 

ドリンクタイプで飲みやすい!

 

一本に百人分の天才エキス配合

 

これであなたも天才に!

 

なんと今だけ送料無料!

 

天才になりたいなら今がチャンス!

 

f:id:tombo50:20201024103817p:image

 

 

 

 

 

 

▪︎おすすめ記事

自分はバカかもしれないと思った時にすべき7つのこと

本当の幸せとは?火傷を負った小指の爪が解説

あなたの人生の糧になる、素敵なことわざ。

 

 

 

 

 

 

ガタンゴトン…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガタンゴトン…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20200621220545g:plain





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「初手で歪めば打つほど狂う」

 

 

 

 

___これは、

初めに失敗してしまったなら、無理に取り戻そうとしない方がいい

 ということわざだ。

 

 

 

 

 

 昔の人は、自分達が経験から学んだことを “ことわざ” という形で残してくれた。

どれも印象に残る秀逸な言葉ばかりで、ふとしたときに思い出してしまう。

昔の人たちがこれほどまでに素敵な言葉をわんさか生み出せたのは、多分、暇だったから。

 

 

 

 

 

  

f:id:tombo50:20200624150730j:plain

 



 

高校生活初日、

新しいスタートに胸を躍らせていた今日、私は恐らく“失敗”をしてしまった。

 

 

 

 

 

 

「出席番号14番の五十とんぼです!趣味は食べ歩きをすることです。よろしくお願いします!」

 

軽い人見知りである私は、学校生活への不安を隠しながら、

というよりは、カースト上位に入って不自由のない学生生活を送れるどうかの不安を隠しながら、

もう既に100回は繰り返したであろう言葉を吐き出した。

 

小さく拍手が起きる。変じゃなかったかな。

 

 

 

ふと、有名な「硝子張りの店を横目で見る」ということわざを思い出す。

 

 

この言葉のとおり、結局、人は自分のことしか見ていないのだろう。

頭では分かっているのだ。

 

(大丈夫大丈夫。ちゃんと終わった。)

 

 

気が楽になるのを感じながらゆっくりと自席に戻ろうとした私の足を、キンと通る高い声が止めた。

 

「あの〜質問なんですけど〜、食べ歩きってどこでしてるんですか〜?」

 

再び跳ねる心臓。

 

「えっ、あっ、新宿とかで、あ、甘いのとか、タピオカっ…は、よく飲みます」

 

思わずキョドってしまった自分が酷く滑稽に思える。

 

「あ〜タピオカか〜。もう飽きた、あれカロリー高いし。私いっつもしょっぱいのしか買わないわ〜。ね、そうだよね」

 

 

…え?

 

 

「な!うちらガチで甘いの食べないよね。とんぼちゃんあんま趣味合わなそうかな」

「うんね(笑)てか今度新大久保行こ〜」

 

 

 

唖然。

 

 

すぐに先生が注意したことで彼女たちの掛け合いは終わったが、

明らかに“気に入られるべき人”が決まった空気になっている。

 

 

顔が熱い。

 

クラスメイトの視線を集めながら、

いや、そんな気がするだけで実際は誰も見ていないのだろうけど

 

床の木目をたどりつつ、自分の席に戻った。

 

 

 

「声がでかけりゃ位も高い」

昔から組織で権力を持つ者は声が大きいものだと相場が決まっていたんだな、

なんて思ったらすこし笑えてしまった。

 

いや、笑っている場合じゃない。

 

一軍の質問に対して吃りながら返事をし、それに対して「趣味が合わない」と勝手に突き返され、トボトボと席に戻った私。

持ち前のセンサーがビンビンに反応している。

 

あー私、完全に“失敗”した。

 

あの子たちはなぜあんなに仲が良いのだろうか。同中?入試の時仲良くなった?春休みに遊んだとか?

 

いや、そんなこと考えても意味ない。

 

はじめに言ったことわざの通り、

ここから無理に一軍を目指すと

陽キャになりたがっているダサい陰キャ

になってしまう。

 

いじめは無いにしても、クラス委員を押し付けられたり学級日誌を書かされたりしながらひっそり過ごす羽目になることは分かりきっているのだ。

 

しばらくは大人しくしておくのが適当だろう。

 

まさに「無罪の背割り」

悪いことはしてない。ただ、運が悪かった・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガタンゴトン…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガタンゴトン……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20200621215753j:plain

 

 

f:id:tombo50:20200621215800j:plain

 

 

f:id:tombo50:20200621215807j:plain

 

 

f:id:tombo50:20200614150214j:plain

 

 

新宿。

 

中学時代の友達と遊んだ思い出が、そこそこある街だ。

卒業したのはついこの前のことなのに、随分と遠く思える。

 

いつもなら新宿に来ても思い出に浸ったりなんてしないが、今日は高校初日。

 

変わってしまった環境のこともあって、どうしても楽しかった頃のことを考えてしまう

 

「生き残っても走馬灯」とは、こういうことなのだろう。違うかな。

 

 

まあ、過去を振り返っていても虚しくなるだけだ。

 

「とりあえずタピオカでも飲もう」

 

と、お気に入りのタピオカ屋に向かった。

 

期間限定商品の桜パールミルクティと、安定の抹茶パールミルクティ。

 

優柔不断な私は、5分ほど迷った結果、

ほぼ毎回買っている抹茶パールミルクティを飲むことにした。

 

 

タピオカに限らず何か物を買う時、『今自分は店員さんのルーティンの一部になっているんだ』って思うと、なんとなく感動する。生を感じるというか。

 

 

受け取ったレシートとポイントカードを長財布に仕舞って、赤のストローに口をつける。

 

淡緑色のクリーミーな液体と共に、小さな爆弾のようなものが舌に向かって飛び込んできた。

 

 

…ああ、やっぱりタピオカは美味しい。

もしタピオカが廃れてしまったら、丁度良い田舎で土地を買ってタピオカ農家を始めてしまうと思う。

 

本当に美味しい。

 

あ、それと今急に思い出したけど、

タピオカを飲んでいると、ごくごく稀に流行遅れだと言われることがある。

本当に意味がわからない。流行とか関係なく好きだから飲んでいるのに。

 

そもそも、さほど写真映えもしないような「黒」入りの飲み物が流行ったのは、やっぱり美味しいからなんだろうな。あれ?タピオカって映えるんだっけ?…

 

 

 

適当なことを考えながら

タピオカが底に5粒程残ったカップを持ってフラフラと街を歩く。

 

向かい側のお店も見てみようと、目の前の横断歩道を渡ろうとした

 

その時だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20200621222606j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20200621222635j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20200621222723j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20200621222751g:plain

 

 

 

 

 

 

えっ・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20200621222831j:plain

 

 

 

 

 

 

なにこれ・・・・・?

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20200624221354p:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:tombo50:20200624221403p:plain

 

 

 

宇宙船?こんなことあるの?

 

 

 

f:id:tombo50:20200626100949j:plain



 

えっ?????

 

 

f:id:tombo50:20200626101056j:plain

 

 ズガーン

 

 

 

f:id:tombo50:20200621222831j:plain

 

 

今の雷は…?

超常現象的な何かなのか、それとも下手な演出家を雇っているのか…

 

 

どちらにしても危険すぎる。早く家に帰ろう。

 

騒然とした新宿の横断歩道を足早に通り過ぎた後で、宇宙船の方をもう一度確認する。

 

…何も起きないうちに帰ろうと思っていたが、止まらないわけにはいかなくなってしまった。

 

宇宙船の中から白の防護服…見方によっては柔らかめの鎧を身につけた生き物達が出てきたかと思うと、

その中の1体が、恐怖で動けずにいた野良のカモノハシを掴み上げたのだ。

 

 

「やめて!!」

 

 

後で食べようと手に持っていたカップの中のタピオカを、ストローの半分位まで吸い上げる。

 

f:id:tombo50:20200827111913g:plain

 

そして、ストローに思いっきり息を吹き込み、宇宙人(なのか?)の頭めがけてタピオカをポンと飛ばした。

 

f:id:tombo50:20200827111937g:plain

 

吹きタピオカ。

 

 

ゆっくりと進む時間の中で

私の放ったタピオカは、宇宙人の頭へ…

 

ではなく、すぐそばに居たカモノハシの口の中へと向かってゆく。

 

 

「なんてこった〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!」

 

 

驚いた顔のカモノハシは、

いきなり口内に飛び込んできたそれをむぐむぐとすり潰し

ゴクリと飲み込んだ。

 

刹那、カモノハシのボディが紫に光り始めた!!

 

 

『これは!』

 

 

カモノハシの美食センサーが最高に反応した時起きる現象、

 

 

 

『美味ノ端反照反応(びみのはしはんしょうはんのう)!!』

 

 

 

 野次馬たちがカメラを構え出す。

日本には、美味ノ端反照反応の画像を待ち受けにすると運気が上がるという、古くからの言い伝えがあるのだ!

 

 

発光するカモノハシを目の前にして喜んでいるのは、地球人だけでは無かった。

 

宇宙人たちは身体をリング状に再形成し、光るカモノハシを囲んで回転。

5分ほど続けた後、元の形に戻った宇宙人たちは満足そうに宇宙船へと戻っていった。

 

 

 このような奇跡で地球の平和は保たれたのであった!

 

 

 

「カモノハシが地球を救う」

 

 

 

・・・カモノハシ一匹に左右されちゃう地球って、

もしかして “コモノ” ハシ!?


f:id:tombo50:20210322143353j:image

 

 

 

※このお話に出てくることわざは全て実在しません